読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『ハングアウトクライシス』おわる

法学部に通う御曹司・椿屋晟生と教育学部一のモテ男・桜井幹は、食えないオンナはいないとされる合コン負けなしのイケ男。ハズレだった合コン帰り、「アレならお前の方が勃つ!!」と言われ、酔った勢いもあり、おかしなテンションでラブホテルに行くことに…! ノリで入ったはずなのに本当に勃たせてる晟生に驚きつつも、仕方なく手で抜いてやる内に自分も勃ってしまう幹。好奇心と興味もあり、次第にエスカレートする行為。快楽の前には理性なんてあっというまに砕け散り気付けば事後…!?合コンレジェンドの最強コンビに危機到来!微妙に変化するふたりの関係、このカタチは恋か友情か――? 

収録作品:「ハングアウトクライシス(描き下ろし有)」「暴走リーマン、ヘンタイ系」「美女と野獣」、あとがき

感想:

チャラい大学生同士が酔った勢いで体の関係を持ち始めてしまう表題作。既刊も読んでいる作家さんですが、魅力は整った絵と濃厚なエロで、どちらかといえばストーリーは後からついてくる感じ。過去作品では受が女々しかったり、デートクラブのスタッフだったりとあまり好みでない設定が多かったのですが、こちらは大学の合コンキング同士ということで受にもそれなりに男らしさがあり、体格もほぼ同等、対等な(受が恋心を認識してからはそうともいえませんが)掛け合いや駆け引きも楽しく読むことができました。エロと勢いで読ませる系統の作品としてのクオリティは高いのではないでしょうか。個人的には、ちょっと受があっさりと陥落しすぎというか、せっかくなのでもう少し上下を巡っての争いを長引かせていただけるとより楽しかったかもしれません。

併録「暴走リーマン、ヘンタイ系」「美女と野獣」はいずれも短い読み切りで、あまり印象に残るタイプの作品ではありませんでした。でも1冊のコミックスとして見たときにおわるさんの出した中では、この本が一番好きです。

アニメイトブックストアで購入したバージョンだと局部が周辺含めてすっぽり白抜きだったので、濡れ場がところどころ何が起こっているかわからない真っ白状態になっていたのはマイナス点。過去の2作はRenta!で買って、白ペンタイプの修正だったので、今回もRenta!で買うべきだったか……。また、線が細いので閲覧環境(当方iPad mini)によっては、全体的に線や網掛けが薄く画面がやや見づらいように思いました。

広告を非表示にする