読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『エロとろR18 ~初恋~【デジタル版・18禁】』アンソロジー

a01_BL漫画 b02_アンソロジー c01_エロ濃いめ

X-BL | アニメイトブックストア

(注意)

R18アンソロジーの感想です。書籍販売サイトへのアクセス及び購入については年齢制限の厳守をお願いいたします。

 掲載作家:阿仁谷ユイジ、彩景でりこ、はらだ、カシオ、木村ヒデサト、ヤマヲミ、犬時・笑平、九重リココ、やしこ、エマオ、阪本あき

感想:

リブレのR18アンソロジーシリーズも、同じような作家さんの登場が多いせいか、最近ちょっと読んでいてマンネリな気もします。まあ読むんですけどね! そしてお気に入りの作家さんが描いていればマンネリ感も薄れるので、結局好み次第だというのもわかっているんですけどね!

今回とにかくどエロかったのは阿仁谷さん。どちらかといえば合わない作家さんなのですが、今回は好みだ何だを軽く飛び越えるエロさで見入ってしまいました。攻がオネエっぽくても、2人とも馬鹿っぽくても、リバがあっても、「それはともかくエロい!」ですべて許せてしまいます。一応それなりに気の利いたストーリーもあるのですが、エロの力がすごすぎて筋がどうでも良くなってしまうのは、逆にちょっともったいないのかも。

はらださんの「スイメンカ」はコミックス『ネガ』収録の痛々しい青春もの。改めてR18で読めて嬉しいです。あと、やしこさんの「あふれる、濡れる」も、いかにも初恋らしい幼馴染の関係が微笑ましくて好きなタイプのお話でしたし、カシオさんの「体だけ大人になった子供が、無垢故な性的好奇心で無茶仕掛けてくる」ネタや彩景さんの「無理やり棒代わりに使っていた年下幼馴染の逆襲」ネタあたりも定番ながら好きな設定なのでたいへん楽しみました。

割と個性のはっきりした作家さんが多いので、繰り返し読む作品と飛ばしてしまう作品が分かれてしまったのはちょっと残念。もう少し広いストライクゾーンを持ちたいです!

 

↓↓他のX-BLシリーズの感想も書いています↓↓

広告を非表示にする