読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『ひねもすのたり君と僕』木下けい子

「何度だって泣いていいよ。俺がなぐさめてあげるから」――長屋のお隣同士で暮らす幼なじみの尚之に、ずっと片想いをしている洋。けれど、情が深くて世話焼きな尚之が惚れるのは、しっかり者の洋とは真逆のダメ男ばかり!! 俺ならなおちゃんを幸せにするのに……隣で歯がゆく見守ることしかできなくて!? 

収録作品:「ひねもすのたり君と僕」「(番外編)ひねもすのたり愛の歌」「(電子限定描き下ろし)よーちゃんという人」

感想:

長屋住まいのお隣さんで、幼馴染。年下でしっかり者の洋と、年上だけど頼りなくて、ダメ男好きの尚之。長い間尚之のことを想っている洋ですが、尚之の「頼られたい」「尽くしたい」恋愛志向と正反対の自分では勝ち目がないと、恋多き尚之が振られるたびに慰めるだけ。

序盤は、なおちゃんがダメ男に惚れる→洋が反対してなおちゃん怒る→やっぱりダメ男だった→なおちゃん振られて洋が慰める、という流れの、ほぼ一話完結に近いコメディタッチのお話が続きます。緊縛趣味男、ヒモ劇団員、ヤクザの若頭(この人はいい人だった)。そして後半、いよいよこれまでの男とは違うタイプの、尚之のことをちゃんとわかってくれる風な編集者が現れてからは、展開が加速。ここからはほのぼの感やコメディっぽさは少し抑えめで、洋、尚之それぞれの隠してきた切実な感情が明らかになっていきます。最近ダーク系の木下作品に飢えている者としては、ダークとまではいかなくとも、このあたりのシリアスな流れは非常にツボでした。

尚之は、気を使っている振りで無神経なタイプかと思っていましたが、意外と繊細だしものも考えていて、結局この2人は一番最初、子どもの会話の中でのボタンの掛け違いを長い間引きずって引きずってきてしまったんでしょうね。くっついた後は、ムードをきにする童貞感満載の洋と、いまいち情緒に欠けるなおちゃんのセックスを巡る攻防も微笑ましく、コメディ、シリアス、ほのぼのと木下さんの作風をまんべんなくカバーした楽しい一冊でした。相変わらず濡れ場はやってることの割にエロくないけど、木下さんのマンガはこれでもいいんです……。

 

↓↓木下けい子さんの他の作品の感想も書いています↓↓

広告を非表示にする