ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『全ての恋は病から』凪良ゆう(表紙イラスト:車折まゆ)

 

全ての恋は病から (花丸文庫)

全ての恋は病から (花丸文庫)

 

大学生の佐藤夏市は、いつでも人肌に触れていないとダメという謎のビョーキを患うゲイ。ある日、ミステリアスな雰囲気のサークルの先輩、椎名一貴が隣に越してくる。外見はクールビューティーなのに、椎名はまったく掃除ができない汚部屋製造人だった!! 「いつもモフモフさせてくれる男が欲しい」「タダで掃除してくれるお手伝いさんが欲しい」ビョーキなお二人のお隣さんライフの行く末は……!?

収録作品:「すべての恋は病から」(本文挿絵なし)

感想:

明るく楽しくエロい話が読みたい、というときにまず取り出す1冊で、けっこうな回数読み返しています。

金持ち、美形、頭も良い設定の椎名ですが、生活力ゼロのド天然で、どちらかといえばアホの子受に近いです。一方の夏市は、人肌大好きという設定から数段飛ばしでSっ気ありの変態攻。「身の回りの面倒ごとを押し付けたい」側と、「人肌が恋しいときに抱きしめさせてほしい」側の利害の一致だったはずが、夏市はみるみる暴走し、快楽に弱い椎名もみるみる陥落していきます。後半では、体先行だからこそ恋愛感情がなかなか自覚できず、自覚したからといってどう伝えれば良いかわからない2人の複雑な関係も描かれており、エロ濃いめラブコメとしては最も気に入っているうちのひとつです。

天然で何も知らない(自慰もそんなにしたことない)椎名を、なだめたりすかしたり言葉責めしたりしながら思うようにしていく夏市。言葉責め萌え、乳首責め萌えな者としては濡れ場の描き方がど真ん中。密かに、凪良さんこのくらいエロ濃い話また書いてくれないかな〜と期待しています。

 

↓↓凪良ゆうさんの他の作品の感想も描いています↓↓

広告を非表示にする