ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『バターミルクドナーズ』赤星ジェイク

健全な精子を育成する為の組織が関与する、日本男子体育大学――通称『日玉』。毎年選抜される優秀な学生『フグリスト』には、精子バンクの一流ブランドとしての輝かしい栄誉と、時価数千万の金の大玉が授与される為、一攫千金を狙う若者の登竜門となっていた――。『フグリスト』を目指す日玉学生の公成は、「精力増強に協力して貰う」という条件付きで、日玉浪人生・明と恋人同士に。そんなエッチが大好きな2人は毎日エッチ三昧! ところが、愛し合うあまり精子検診でまさかの降格!? 『フグリスト』を目指す者にとって『恋愛』は危険な行為なの??

収録作品:「バターミルクドナーズ」「ドナーズハウス計画」

感想:

あらすじを読めばわかるように、かなりトンデモというか品のない設定です。全体として登場人物は飄々とした言動行動すっとぼけた妙な感じで、ローファイコメディっぽいノリ。いや、精子バンクへ優良な精子を提供するための人材育成、という意味ではブラックコメディともいえるのかも。

一流の精子提供者としての名誉を求める公成と、お金目当ての明。学園OBでバーのオーナーのミナミに、公成の「フグリスト」ライバルである将道。身も蓋もない話をすれば、2カップルが主にヤッている話です。身体的にはひたすら欲望に忠実なのに、メンタル面は全員割と純情なのが可愛いといえば可愛いし、不思議ちゃんばかりといえばそんな気も。

濡れ場はもちろん濃厚です。残念ながら修正は真っ白に抜かれている部分が多いですが、それでもエロさは感じます。人間関係で揉めそうな気配があってもなぜか全員善人で、最終的にほのぼのラブな展開になってしまういつもの赤星さん展開なので、重い描写ではありませんが、3Pや両刀描写(明はバイかつ、タチもネコもいける口)などバリエーション豊かなので、そのあたりに地雷を抱えている方はご注意を。

 

↓↓赤星ジェイクさんの他の作品の感想も書いています↓↓

広告を非表示にする