ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『君に降る手紙のはなし』風緒

容姿端麗で文武両道な、学年イチの優等生――そんな雨夜に想いを寄せている、クラスメイトの麻生。ムードメーカーで一見悩みがなさそうだけど、嫌われるのが怖くて告白できない。そんなある朝、雨夜の下駄箱に入ったラブレターを目撃!! 手紙なら、男の自分でも想いを伝えられるかも……? とりえの美文字を活かして、さっそく手紙をしたため始めるけれど!?

警官×モデルの再会愛&輪廻転生の恋物語も収録!!

収録作品:「君に降る手紙のはなし」「9年目の交差点」「9年目の交差点 描き下ろし番外編」「忘れっぽい俺の恋人」「忘れっぽい俺の恋人 描き下ろし番外編」「君に降る手紙のはなし 描き下ろし番外編」、「君に降る手紙のはなし 電子限定番外編(4ページマンガ)」あとがき(カバー下)

感想:

表題作は、甘酸っぱい高校生もの。今どき「靴箱に手書きの手紙」というのが、逆にぐっときます。ちょっとおバカな部分はありますが、麻生がとにかく良い子です。憧れの雨夜と親しくなれたことでちょっと勉強を頑張ってみる前向きさも可愛いし、雨夜の靴箱に忍ばせる手紙の内容も出すぎたところのない配慮のきいたもの。一見そつない優等生の雨夜の方が性格的にはこじれているのため多少のごたごたはあるのですが、全体的にむずがゆくなるくらい爽やかな青春ラブストーリーでした。満足満足。

併録の「9年目の交差点」は、元同級生の再会もの。かつていじめにあっていた少年は売れっ子モデル、いじめを止められなかった後ろめたさを抱えた少年は警察官に。短編なのでしょうがないとはいえ、重い背景がある割には再会即和解!なので全体として非常にあっけない印象を受けました。もう一本併録の「忘れっぽい俺の恋人」も枚数が足りていないもどかしさを感じる作品。異世界の王族(死刑判決)とセクサロイドが出会って恋に落ちて転生後に同棲している……という話をぎゅっと短編にまとめているので、とにかく駆け足。もう少しじっくり描かれていたらな〜と思う両作品でした。

濡れ場は「9年目の交差点」と、「君に降る手紙の話 描き下ろし番外編」にちょっとずつ。描写はかなりあっさり目です。

広告を非表示にする