ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『いやよいやよもキスのうち』みちのくアタミ

「触られたら、誰にでも反応するんですか?」末っ子体質な男子校生・惣次郎は、兄の親友・恵に嫌われている。昔は本当の兄のように優しくしてくれたのに、ある日突然避けられるようになったのだ。そんな恵に苦手意識を抱いていた惣次郎だが、偶然、彼が兄の部屋の前で「感じている」姿を見てしまい――!? 妄想癖アリな年下攻×超敏感体質な年上受の、『触っただけで、エロくなる』ウブい恋の物語。執着心ゼロな無表情攻×世話焼きなオカン系受の不器用で焦れったいラブ、同時収録! 

収録作品:「はじらいにディープキス」「はじらいにもっとディープキス」「スタートラインまであと一歩」「はじらいにもっとディープキス after」、あとがき、カバー下(マンガ、設定イラスト)

感想:

触れられるだけで性的に感じてしまう過敏症、というエロマンガノリな設定&展開は王道ですが、きれいな絵で色っぽいお話が読みたいときにこういう作品は嬉しいですね。クールで男っぽい年上男子が触れられるとメロメロ、というパターンで、戸惑いながらがっつくちょっと子どもっぽい攻も可愛らしい。設定自体が出落ちのようなものなので、1作目でくっついた後の続編は、基本いちゃいちゃするアホエロカップルを見守るだけな感じです。受目線で攻の無自覚な妙な色気を堪能できるという意味ではとても楽しかったですが。

併録「スタートラインまであと一歩」は、表題作の攻の兄かつ受の友人である清一郎とその親友とのお話。個人的には攻が髪長め、受が短髪すぎ、という苦手要素の多いカップルなので萌えませんでしたが、お好きな方もいるでしょう。

濡れ場はボリュームもあり汁気多め擬音多め喘ぎ声多め。ただ修正はしっかり白抜き(形に合わせて、なので周囲までぼかされてはいませんが)です。

広告を非表示にする