読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『高島孝一郎の理想の恋人』栖山トリ子

隠れナルシストの高島は、うっかり会社の後輩・北村にその秘密を知られてしまう。黙っている代わりにセフレになるよう脅されるが、実は北村は学生時代のトラウマでEDだった。再び彼を勃たせるため、体を張って協力することになった高島だけど……!?
ワケアリ×ワケアリな男たちのメリーラブ! 

収録作品:「高島孝一郎の理想の恋人」「(描き下ろし)あいだの話」

感想:

作家買いです。飄々と何を考えているのかわからない攻と、ちょっとずれていて思い込みの激しい受のやり取りがコミカルで可愛いお話でした。

ゲイである自覚なしに女性と寝ようとした際のトラウマでEDになってしまっている北村と、隠れナルシスト(多分バレバレですが)の高島。北村に脅され嫌々ED克服の手伝いをする羽目になった高島ですが、北村はナルシストな高島を馬鹿にしないし、何かと外見を褒めてくれるのにも悪い気がしない様子。作品中の扉絵でもビジュアルイメージになっているように、どっしりとした大型犬(北村)に懐かれた落ち着きのない猫の(高島)のような2人の関係はテンポ良く流れ、ページ数より短く感じるくらい、あっという間に読み終わってしまいました。

序盤は無表情で強引な北村に押されているように見える高島ですが、実際は天然にありがちな無神経さで北村を振り回していて、わたし好みのシーソーゲームな要素も十分。展開としてやや単調な部分はありますが、コメディとしてはこのくらいシンプルなお話で良いのかなと思います。絵柄も作風も安定しており、次回以降も作家買い

ED克服の手助けをメインに進んでいきますが、本編の濡れ場は控えめ。最終話での省略部分が描き下ろし「あいだの話」で補完されていて、こちらはけっこう色っぽいです。あれ、そういえば女性との初体験に失敗してEDになった北村と、ナルシストぶりにドン引きされるのが嫌で恋愛から降りた高島、もしや初めて同士の2人だったんでしょうか。それはそれで萌えますね。

 

↓↓栖山トリ子さんの他の作品の感想も書いています↓↓

 

広告を非表示にする