ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『好きになるとは何事だ』本庄りえ

水泳部のホープ・白岡雅琉と生徒会役員の優等生・大貫颯斗は、犬猿の仲。でも、お互いに大嫌いなハズなのに妙にエロい空気になってしまうのが止められなくて!? 犬も食わないケンカップル高校生ラブコメ!! 

収録作品:「好きになるとは何事だ」「オマケの時間」、あとがき

感想:

真面目で厳しい優等生と、元気で生意気で小柄な水泳部員。楽しく明るい王道学生もので安心して読めるタイプの作品です。絵は綺麗なのに表情や話にメリハリがなくてもったいないなあとか、エロいことやってるはずなのに色っぽく感じないなあとか、本庄さんの作品にはいろいろともったいなさを感じていた時期から、最近は一周回って、こういう軽く読み流せるお話もたまにはいいかなと思うようになりました。再読には耐えませんが。

本作もあっさり系の作品ではあるものの、比較的展開は丁寧かつそれなりにイベントも設定されています。当て馬イベントは正直壮絶に中途半端でしたが、優等生×元気系のケンカップルを堪能するという意味では楽しい一冊でした。

広告を非表示にする