ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『とける、ほどける』ヤスエイ

32歳、独身、ルックス良しの老舗和菓子メーカー商品開発部主任の八戸。新商品のパッケージデザインに行き詰まり、後輩の角田に友人のデザイナー・松木を紹介してもらうことに。けれど、第一印象は最悪だった。角田と八戸に対する態度の差は激しいし、人見知りの域を越えて感じが悪い。そんな可愛げのない松木なのに、八戸はなぜか放っておけなくて……!? 

収録作品:「とけろ、ほどける」「(描き下ろし)はじめての。」、電子限定おまけ(1P漫画)、カバー下

感想:

名前はよく見かけてましたが読む機会のなかった作家さん。タイトル見る限りお料理や飲食に絡めた漫画が多いようで、こちらも攻が和菓子メーカーの開発。変わった味の落雁を開発している設定なのですが、チャイ味の落雁なんて魅力的。食べてみたいです。

攻は今時の32歳にしては老けてないかという第一印象。受は初見もさい+感じ悪いのですが読み進めるうちに可愛く見えてきます。初対面から喧嘩、互いの仕事に経緯は払いつつ相性悪い2人が徐々に距離を縮めていくのを丁寧に描いているので、読んでいる側としても少しずつ八戸同様に松木の良さがわかっていく感じ。八戸も仕事中のオールバックがおっさんくさい分前髪おろしたときの男前っぷりが素敵(そして中身はおっさん)。

表紙やタイトルのイメージで勝手にほんわかなイメージを持っていて、確かにお話は細やかでほんわかしているのですが、思いの外色気があったのは嬉しい誤算でした。何気ない表情や仕草はもちろん、濡れ場がしっかり色っぽく修正もいい感じに控えめ。

話も絵も色気も揃っていて大満足でした。他の作品も読んでみようと思います。

 

↓↓ヤスエイさんの他の作品の感想も書いています↓↓

広告を非表示にする