ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『あの日、制服で』中村明日美子

卒業式で告白されて5年。飲み会で再会したアイツの薬指には指輪があった。「てかお前、俺のこと好きとか言ってなかったっけ」俺の言葉にアイツの表情は揺らぎ……。心が震えるほどの感動と痛み、青春の輝きと影を描いた、十代の恋にまつわる6編のオムニバス。 

収録作品:「あの日、制服で」「A先輩」「思春期」「裸の僕」「転校生」「ニコイチ」「(描き下ろし)今夜、あの日に」、あとがき

感想:

18禁アンソロジー「PINK GOLD」の1〜6に掲載された学生ものオムニバスを修正の上まとめたもの。描き下ろしもついています。

わたしは過去の中村さんの作品がそこまでぴんと来なかった(長髪男性が基本的に苦手なのも理由のひとつかも)のですが、このシリーズは大好きなので一冊にまとまって読めるのはとても嬉しいです。

「PINK GOLD」は電子で読んでいるので(電子では「5」まで発行済)、表題作の「あの日、制服で」と描き下ろし作品は初読。他は既読のものばかりですが、まとめて読むと改めて甘酸っぱさにもだえます。一番好きなのは「A先輩」で、最後2ページの持っていかれる感じは、本当に何度読んでもいいです。あと「思春期」の2人も可愛いし、「裸の僕」も不憫だけどときめきます。……と書いていてふと思ったのですが、わたし中村さんの作品はショタっぽい方が好みなのかもしれません。

元が18禁作品集なので修正具合が気になるところですが、もちろん修正されています。ただ、輪郭残してうっすら白抜きなど、雰囲気を壊さないようかなり頑張って修正している様子がうかがえ、特に不満は感じませんでした。

広告を非表示にする