ぬかるみ読書録

電子書籍で読んだ商業BLの感想をぬるぬると更新するだけのブログ。

『四十八手アンソロジー 宝物庫』アンソロジー

四十八人の作家が四十八手の体位を華麗に描いた、超豪華アンソロジー!「秘宝館」と「宝物庫」にそれぞれ24体位を収録しました。超キュートなSDキャラ体位一覧や、気分に合わせたオススメ体位診断チャートも掲載。体位の数だけ愛がある! カップリングがある!! きっとあなたのお気に入り作品もみつかるハズ!!!

収録作家:ささはられな、中込カスガ、待緒イサミ、葉月ゆい、一城れもん、雲井ナツメ、椿野イメリ、芦原史貴、桃色ペ子、藤河るり、藍沢レヲ、万智田すみ、あべはるみ、歩田川和果、鳥谷しず、スカーレット・ベリ子、まえだ真枝、白松、高橋あさみ、佐倉ひつじ、なるせいさ、にかわ柚生、佐木かやの、ゆずき暎

感想:

新書館の四十八手アンソロジーの後半24体位を収録したものです。今回も冒頭には誰得な謎チャートなどページ数の無駄感高い企画があるものの、前半24体位を収録した「秘宝館」より全体としては内容も濃く良くできていました。相変わらず一本一本は短くて「やまなし おちなし 意味なし」の王道をいっていますが、他の作品も読んでみたいと思う作家さんも何人か見つけたので、作家のショーケース的な意味でも買って良かったです。

漫画作品だけで構成された「秘宝館」と異なり、こちらは1編のみ小説収録。大好きな鳥谷しずさんです。小説で3段組8ページあると、コミックの8ページより格段に内容詰め込めるので満足度高いですね。今回はモデルの義理弟x魔法使いになりそうなお年頃の兄で、毎度の巨根変態イケメンと童貞のエロエロです。攻がワイン瓶級の巨大なブツの持ち主かと思えば受はなんとピンク(なのは基本BLの受の定番として)の「お姫様系ペxス」とのこと。いちいちぶっ飛んでいて実に楽しゅうございました。

ちなみにスカーレット・ベリ子さんの作品は「みのりの手」の、みのり先生x壮太のラブラブ番外です。この2人好きなので嬉しいサプライズ。待尾イサミさんの、和風ファンタジー(シアで連載中シリーズ)も好きなので番外編が読めて嬉しかったです。

 

↓↓『四十八手アンソロジー 秘宝館』の感想も書いています↓↓

広告を非表示にする